上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.17 飼育環境
今日は飼育環境について。

まず、ケージとして採用したのはアイリスオーヤマのDWS-118
何にしようか迷いましたが、フレンチブルドッグひろばの掲示板を参考にサイズを決定。
このケージは幅113×奥行78.2×高さ71.3cmという大きさ。
本当はもう少し大きいのにしてあげたかったけど、うち狭いものでこれが限界でした。

ブリーダーさんから屋根をつけるように言われていたので屋根も同時に購入しています。

10171.jpg
今の所は素材の質感も良く、また入口のロックもしっかりかかって脱走出来なそうなので商品には非常に満足しています。


ソフトケースとして選んだのは同じくアイリスオーヤマのTPC-920

10172.jpg

このケースの凄いのは、なんとケースの両側の壁が開き、臨時ケージになるのです。

10173.jpg

我が家は実家が近所にあり、たまにお預けする可能性があるので、この商品がベストかなと思いました。
広げた時に中でトイレも出来るようになると良いのですが。


今日のブリちゃんは一晩過ごして、かなり落ち着いた模様。
ケージのまわりを歩くと、ケージの中で一緒について来る可愛さを発揮。
狭くてすまんね・・・。

10174.jpg


食欲も旺盛。

10175.jpg


食べた後はトイレでしっかりウンも出来ました。

10176.jpg


で、食後はひとしきり「遊んで!!」と吠えて、無視されるとスネて寝てしまいました。

10177.jpg

おやすみ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。