上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶりちゃんがやってくる前に、イタリア・フランス旅行中。
ブログの練習も兼ねて旅行記を書いてみます。

空港に行くと、最近JALばかりに乗っているためか、はたまた普段の行いが良いのか、Fクラスにインボラアップグレードして下さった。ありがたやありがたや。

綺麗な洋服着ているとアップグレードしてくれるという都市伝説があるけど、その時の僕の服はジーンズにユニクロのシャツ、背中にリュックで奥さん共々バックパッカーのような恰好だったから、関係ないのかな?

という訳で、First class loungeで朝食を頂く。
内装は木目調、シックで落ち着きのある空間が作られていました。

it1.jpg

ita.jpg

今回の機材は777-300ER。シートはsky sleeper soloと呼ばれる白を基調とした座り心地が良いシートでしたが、JALは現行だとFクラスシートでもフルフラットにならないのかーと感じました。
先日発表された次期シートのCクラスの方が寝心地に関しては良さそうですね。

it2.jpg

ただ、さすが日系企業。CAさんの対応や食事、アルコール関連は素晴らしかったです。
まず出てきたのがChampagne SALON 1999。

it3.jpg

その後に生うにのフランやカニのクレープ焼きなど。

it4.jpg

アペタイザーとして、キャビアのタルト。
キャビアは塩分が程よく乗っていて、タルトとの相性が抜群。

it5.jpg

蓋を見てみるとarcaneのcaviar。日本でも買えなくはないけど、お値段が・・・・。
フランスにお安く売っていたら買って帰ろうかなー。

it6.jpg

合わせた白ワインはDomaine Latour Giraud Mersault 1er Cru Genevrieres 2011。
もともとムルソーのワインは好きなんですが、これは格別でした。

it6-5.jpg

メインは和牛のフィレステーキ。
美味しい。地上でもなかなかここまで美味しいステーキは食べられません。
焼き加減も調節してもらえて、僕の好きなレアで頂けました。

it7.jpg

ちなみにご飯は機内で炊いたコシヒカリ。

it8.jpg

合わせたワインはChateau Rauzan-Segla Margaux 2007。CHANELがオーナーのシャトーで、2級畑ですが近年非常に品質が向上している所です。
2007のビンテージに関してはまだそんなに高い評価が得られていないみたいですが、普通に美味しかった。これもフランスでの買い出し候補。

it9.jpg

という訳で、ベロベロに酔っ払いデザートを食べて終了。

it10.jpg

まだまだ飲みたいワインがあったのに。KENZO ESTATEとかKusuda Wineとか。
アルコールに強くない事が大変残念でした。

で、酔いつぶれて寝て、目覚めにたいめいけんのオムライス。

it11.jpg

ちょっと残念な感じでした。レトルトって雰囲気。

it12.jpg

奥さんはいくら丼。美味しそう。こっちにすれば良かったなー。

it13.jpg

着陸が近くなるとラーメンを食べる人が続出。
匂いにつられてラーメンを食す。飛行機の上でラーメンが食べられるなんて、幸せですね。

it14.jpg

地上に近づいて来て、フランスの畑が見えてきました。
空と雲の美しさが印象的でした。

it15.jpg

シャルルドゴール空港に着陸。
デザイン、カッコいいですね。さすがフランスって感じ。

it16.jpg

エールフランスに乗り換え、いざベネチアへ。
小さい飛行機で、軽食が出ました。
小一時間のフライトなんで、詳細は割愛。

it17.jpg

ベネチア到着後は水上バスでの移動を考えていましたが1時間以上の待ちと言われてしまい、Taxiへ。
Taxiでの移動は007の映画のようになれるから是非乗ってみなさいと先輩に言われていたのですんなりと。
けどホテルまで120ユーロでした。高いなぁ。

船着き場は夜という事もありかなり閑散としていました。
想像していたのと大きく違う・・・。

it18.jpg

15分位待って、ようやく契約した船がやってきました。

it19.jpg

ベネチアの街中を船で駆けるのは素晴らしい経験でした。
この頃にはもう高いと感じなくなりました。乗る価値ありです。

it20.jpg

そしてホテルに着いて、近所のバールで水を買い、その日は素直に寝ました。
JALの御厚意で、非常に快適な一日でした。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。